DSC_1840_edited.jpg

ダメージを受けやすい屋根は、素材や立地条件への考慮が必要!

屋根は、瓦・セメント・スレート・金属などの材料がありますが、もちろんどれも、太陽光、雨や雪、寒暖差などの原因で劣化、退化が進んでいきます。半永久的に劣化しないものはないといっても過言ではありません。それを保護塗膜を施すことで素材の「延命」、つまり劣化防止を図ることが塗装の一番の目的です。

もちろん、ただ塗装をすれば延命になるわけではありません。屋根の素材や立地条件などによって、下地処理が変わるため、それらを考慮して塗装をすることが必要です。

塗り替え時期の目安

屋根は、太陽光や雨、風を直接受ける部分ですので、ダメージを受けやすい部分です。気づかずに適切なメンテナンス時期を過ぎてしまうと、延命を図れず交換になってしまう例もあります。素材の延命を図るために、何も問題が起きていなくても、8~10年ほどで無料診断を受けることをお勧めいたします。

​屋根塗装

​営業時間 9:00~18:00