塗装の本当の意味は、素材の延命・劣化防止です!

多くの人は、外壁や屋根の塗装は「美観や防水のためにするもの」と理解されています。
もちろんそれも間違いではないのですが、塗装の本当の意味は、素材の劣化防止にあります。

一般的な木造住宅の外壁はモルタルサイディングボードなどの種類がありますが、どれを取っても劣化しないものはありません。太陽光、雨や雪、寒暖差などの原因で劣化、退化が進んでしまいます。
それを保護塗膜を施すことで素材の「延命」、つまり劣化防止を図ることが塗装の一番の目的です。

もちろん、ただ塗装をすれば延命になるわけではありません。モルタルなのか窯業ボードなのか、日照時間は長いか短いか、湿度が高いか乾燥しているか……というように、外壁の素材やお客様のお家の立地条件によって塗装前の下地処理が異なるため、熟慮が必要です。

塗り替え時期の目安

一般的に1回目の塗装は、8年~10年経った頃の対応が理想的とされています。サイディングボードなどの外壁の場合は、塗装とは別にジョイント部分のシーリングの劣化レベルも考慮したいものです。

気づかずに適切なメンテナンス時期を過ぎてしまうと、延命を図れず交換になってしまう例もあります。素材の延命を図るために、何も問題が起きていなくても、8~10年ほどで無料診断を受けることをお勧めいたします。

​外壁塗装

​営業時間 9:00~18:00